TOP > 事業計画及び実績

事業計画

東播磨ものづくり交流会 年表

平成25年6月

官公庁団体等の支援機関体制確立。

平成24年5月

第4代会長に中野プランツ株式会社の中野哲郎氏が就任。

平成23年6月

第3代会長にナショナル護謨株式会社の山脇憲明氏が就任。

平成21年9月

交流会設立後初めてとなる、会員による自主運営セミナー「東播磨ものづくり交流会セミナー」を開催。

平成21年8月

「ビジネスマッチングフェアin加古川」に会員企業13社が出展。また、交流会のパネル等を展示。交流会のホームページをリニューアル。

平成19年9月

国際フロンティア産業メッセ2007「東播磨ものづくり元気企業ゾーン」に会員企業12社が出展。また、交流会のパネル展示及び会員企業のパンフレットを配布。

平成19年1月

交流会のホームページを開設。

平成18年10月

国際フロンティア産業メッセ2006「東播磨ものづくり元気企業ゾーン」に会員企業10社が出展。また、交流会のパネル展示及び会員企業のパンフレットを配布。

平成17年12月

「東播磨新産業技術交流研究会」を「東播磨ものづくり交流会」に改称。

平成17年11月

テーマ別部会に浄水発生土資源化部会を設置、兵庫県東播磨利水事務所、県立工業技術センターの協力のもと、浄水汚泥の資源化研究を推進する。

平成17年8月

国際フロンティア産業メッセ2005に会員企業4社が初参加。また、研究会のパネル展示及び会員企業のパンフレットを配布。

平成17年6月

第2代会長に株式会社日本テクノロジーソリューションの岡田耕治氏が就任。

平成15年8月

炭化綿研究会を発足。
炭化綿の研究、製品開発に着手。現在、株式会社ビィ・エス・シィにおいて製造、販売中。

平成14年11月

明石高専の平石年弘講師指導のもと「生ごみ堆肥化装置研究会」を発足。
(15.4.11 同研究会で生ごみ堆肥化装置を製造し、販売を開始する。)

平成14年6月

東播磨新産業技術交流研究会の規約を制定し、役員を選出。
初代会長に明石プラスチック工業株式会社神谷光郎氏が就任。
研究会の本格的活動が開始される。

平成13年10月

環境、資源リサイクルをテーマにした研究会を開催。

平成13年10月

東播磨新産業技術交流研究会の設立。
企業17社と大学等研究機関4機関(姫路工業大学、明石工業高等専門学校、県立工業技術センター、(財)新産業研究創造機構)の出席を得て、地域企業が技術、知識、特許などを持ち寄り、行政などと連携しながら、新技術の発掘や利用方法の研究等を進める東播磨新産業技術交流研究会の設立合意に至る。(参加企業38社)

平成13年9月

交流会発足に向け、東播磨産業技術フォーラムを開催。

例会の実績

平成28年度例会

平成27年度例会

平成26年度例会

平成25年度例会

平成24年度例会

平成23年度例会

平成22年度例会

平成21年度例会

平成20年度例会

カテゴリを追加

平成29年度例会

東播磨ものづくり交流会

〒675-8566
加古川市加古川町寺家町
天神木97-1

TEL.079-421-9414

(平日9:00-17:30)

入会のご案内
e-mono 東播磨ものづくり交流会